メガリスで長時間勃たせる

メガリスは勃起をサポートしてくれるED治療薬です。
それ自体に性欲を高める作用があるわけではなく、服薬をして性的刺激を与えることによって初めて勃起する薬であり、また薬の効果時間中ずっと勃起しているわけでもありません。
興奮剤や精力強壮剤とは異なり、あくまでも医薬品ですので正しい用法用量を守って服薬していく必要があるでしょう。

メガリスの主成分にはタダラフィルが使われています
タダラフィルは最長で36時間の効果が認められており、ED治療薬の中でも最も長い時間作用するとして人気を集めています。
ただ、先述したように36時間勃起しっぱなしではなく、刺激を与えて勃起し、射精すれば勃起は収まり、再び刺激を与えれば勃起するという風に働くため外出をすることも問題ではありません。

金曜日の夜に服薬すれば日曜日の昼まで効果が持続するので、1錠で週末の間中効果を持続できることから「ウィークエンド・ピル」との呼び名も持っています。
ED治療薬として最も有名なのはバイアグラですが、例えばバイアグラだと1錠で約5時間程度の持続時間しかないので、セックスの度に服薬をする必要があります。
毎夜セックスをするとしても、メガリスなら1錠で金曜日の夜と土曜日の夜の計2回できますが、バイアグラなら2錠必要です。
もちろん2回に限らず、効果が持続している間は何回しても構いません。
せっかくの週末ですので、効果の長いED治療薬でうんと楽しみましょう。

また、食事の影響を受けにくいため服薬のタイミングを選ばないので、パートナーにED治療薬の服薬がバレることがありません。
これがバイアグラだと食前の服薬が奨められているので、服薬のタイミングが難しく、パートナーに協力してもらわないといけないケースもあります。
また、効果時間は5時間なので、まごまごしてたら効果が切れてしまい、焦りも生じてしまうでしょう。

メガリスではそういったリスクがないという点でも高く評価されているので、むしろ早めに服薬しておいて、いざという時にスムーズにセックスに移れるようにしておきたいですね。
メガリスの効果がバイアグラよりも優れているのは、バイアグラよりも後に開発されたことでバイアグラのデメリットが解消されているからです。

例えば服薬のタイミングにしても効果時間にしてもそうですし、また、ED治療薬の服薬時に一般的にみられる副作用が少ないのも改良されてのことです。
もちろん、だからと言ってバイアグラの方が体質的に適している方もいるので効果だけで判断できるものではないのですが、主成分であるタダラフィルはED治療薬の中でも世界シェアNo1となっている実績を持っているのも事実です。
まずは試してみることで、自分に適しているか確認してみましょう。

手方法は個人輸入にて購入できるので経済的負担はありません。
1錠あたり500円前後になってますが、まとめ買いをすることで1錠200円前後まで抑えることも可能です。

Comments are closed.